top of page
検索

全衣服ニットウェアのすべて

全体着は縫い目や縫い目がないニットの一種です。カシミヤセーターの中には、縫い目がなくても快適なフィット感が得られるように全体着方式で作られているものがあり、非常に柔らかいカシミヤで体をより快適にカバーします。



従来の編み物の場合、ニットウェアは、前部と後部のボディパネルと袖の別々の部分で構成され、後で縫い合わされます。 全衣服ニットウェアは、編機で直接、1つの全体である3Dニットで製造されます。 したがって、リンク、継ぎ目、または縫製の要件はありません。 セーターの製造では、衣服全体の編み物は、高価で時間のかかる製造後の作業を必要としませんが、従来の編み物は通常、多くの高度な熟練した縫製作業を必要とします。



ここに全衣服セーターについてのいくつかの秘訣があります:

  • ソフトショルダー-立体的なシェイプがすっきりとしたショルダーラインを生み出し、お気に入りのニットウェアにシェイプスキミングのフィット感を与えます。

  • ネックラインのディテール-一体型のネックラインと襟は、Wholegarment製品に洗練されたエレガントな仕上がりをもたらします。

  • サイドシームなし-衣服のサイドからの継ぎ目をなくすことで、より良いドレープとより均一なシルエットが可能になります。

  • 脇の下の快適さ–腕の下の縫い目がないため、このデリケートな部分での摩擦の可能性を防ぎます

  • 持続可能な選択-WholegarmentTechnologyは、縫い代を排除し、無駄な副産物の耳を減らすことで、製造廃棄物を削減します。

0件のコメント

Comments


bottom of page