top of page
検索

カシミア: 時空を巡る旅

カシミアは世界で最も人気があり、高価な天然繊維の 1 つですが、それには十分な理由があります。 驚くほど暖かく、軽く、耐久性に優れ、肌触りも抜群です。 しかし、カシミアがどこから来て、どのようにしてこれほど人気になったか知っていますか? このブログ投稿では、その歴史と、質素なヤギの毛が優雅さと富の象徴へとどのように進化したのかを探っていきます。


Cashmere Goat Habitat

カシミヤは、チベット、モンゴル、中国、イランなどのアジアの高地地域に生息する特別な品種のヤギであるカシミヤヤギの下毛から採取されます。 アフガニスタンとカシミールは、カシミヤウールで作られた絶妙なショールを生産することで有名なインドの地域です。 パシュミナという言葉は、カシミアと同じ意味で使われることもありますが、ペリサン語と羊毛を意味するパシュム語に由来しています。


カシミアヤギの毛は 2 層になっており、厳しい天候から身を守る粗い外毛と、寒さから身を守る細い内毛です。 内側の毛皮はカシミヤ繊維を生み出すもので、ヤギの換毛期に毛をとかしたり摘んだりすることで繊維が採取されます。 ヤギ一頭から年間約200gのカシミヤが生産されるため、カシミヤは非常に希少で貴重です。


cashmere goat

カシミアの起源は 14 世紀にまで遡ります。このとき、ペルシャ人旅行者が、カシミールのヤギが柔らかくて上質なウールを生産し、それを紡いで美しい織物を作ることができることを発見しました。 彼はカシミヤ生産の技術と知識を地元の人々に紹介し、地元の人々は自分たちや貿易のためにショールやその他のアイテムを作り始めました。 品質、職人技、複雑なパターン。


カシミアの人気は 18 世紀から 19 世紀にかけてヨーロッパに広がり、ヨーロッパの探検家、貿易商、外交官がアジア旅行からカシミア ショールを持ち帰りました。 フランス人は、カシミアが地位と富の象徴と考えられていたため、特にカシミアに夢中でした。 ナポレオン・ボナパルトが妻のジョセフィーヌにカシミアのショールをプレゼントし、フランス貴族の間でファッションブームが巻き起こりました。 ジョセフィーヌは数百枚のカシミア ショールを所有していたと伝えられており、その一部は現在でも博物館で見ることができます。


カシミアショールの需要が非常に高かったため、ヨーロッパの製造業者はウールや綿などの安価な素材を使用してカシミアショールを模倣し始めました。 スコットランドのペイズリーという町は、カシミールのデザインにインスピレーションを得た、独特の涙滴型のパターンを持つショールを生産することで有名になりました。 この模様は今日でもペイズリーとして知られています。


20 世紀に入ると、新しい技術により繊維の生産と加工が改善されたため、カシミヤはより入手しやすく、手頃な価格になりました。カシミアはもはやショールに限定されず、セーター、コート、スカーフ、手袋、帽子、靴下、毛布などの製造に使用されるようになりました。 カシミアは、その優雅さ、快適さ、多用途性を高く評価する有名人やファッションデザイナーの間でも人気になりました。


cashmere shawl

今日でも、カシミアは世界で最も人気のある高級生地の 1 つです。 暖かさ、柔らかさ、耐久性、そして自然の美しさで高く評価されています。 さまざまな色に染めたり、さまざまな形やスタイルに織ったり編んだり、シルクやウールなどの他の繊維とブレンドしたりすることができます。 また、カシミアは再生可能な資源から採取され、刺激の強い化学物質や染料を必要としないため、環境に優しく生分解性があります。


カシミヤは豊かな歴史と起源を持つ、本当に素晴らしい繊維です。 それは何世紀にもわたってそれを作り続けてきた人々のスキルと創造性の証です。 自分自身や愛する人へのご褒美にも最適です。


0件のコメント

Comments


bottom of page